うつ病のカウンセリングのことならおまかせください

心を大切にする方法

まだ日本では広まっていない心理療法

日本のうつ病治療の基本は抗うつ剤の投与と休養であり、それ以外の療法は一般にも広まっていません。 日本人がうつ病になる原因は過労死寸前の苛酷な労働環境によるストレスが主な原因と考えられているので、うつの症状を薬で抑え込み、充分な休養を取らせれば自然治癒するものと思われています。 確かに仕事が原因のうつ病であれば、休養が何よりの薬となりうつ病の症状を緩和することになるでしょう。 しかし、うつ病の原因は仕事のみとは限りません。 そして、原因の異なるうつ病に総合的に効果があると世界的にも認められている治療法が心理療法なのです。 実は日本にも森田療法や内観療法、臨床動作法などといった心理療法がいくつかあることにはあるのですが、実際に医療の現場には導入されていないのが現状です。

特別な機材も薬も使わず低コストで治療可能に

日本のうつを治療する医療の現場では導入されていない心理療法ですが、それらの治療法が利用できないわけではありません。 公的に認められている治療法では無いため、正式な医療機関で受けることは難しいのですが、森田療法や内観療法などを提供してくれる団体や道場などが設立されており、それらに申し込むことでうつ病対策として心理療法を受けることが可能となります。 本来ならこうした心理療法は特別な機材も抗うつ剤などの薬も使用しないためコストもかからない治療法となるのですが、心理療法が一般的では無いため、その治療法を行う為の環境を特別に用意するなどで追加のコストがかかってしまいます。 心理療法のうつ病への効果が実証され、日本の医療にも受け入れられれば、もっとリーズナブルに心理療法も受けられるようになるかもしれません。