うつ病のカウンセリングのことならおまかせください

原因の一例を知る

うつ病の種類に関して学ぶためには、種類に応じて変わる原因の一例を知ることがとても大切です。原因を知ることができれば、その問題を改善することができるための力にすることができます。

Read More

薬はいらなくなる

うつ病において抗うつ剤を使った治療を施すことはひとつの選択肢として有用ですが、運動療法を導入すれば薬入らなくなる可能性が高まります。まずは歩いてみることが、自分を救う第一歩です。

Read More

責任感の精神的な負担

うつ病の治療には専門家に相談することが必要です。真面目で責任感が強い人ほど陥りやすい症状だといわれていて、そういった人ほどケアすることを恐れます。ですが、恐れる必要はないということを知っておきたいところです。

Read More

周囲の力が重要

うつと向き合うには周りのサポートが大切です

うつ病とはかつては躁うつ病と呼ばれてました。 うつ病は心の風邪ともいわれ、誰でもなる可能性はあります。 ですが適切な治療を受けてストレスを排除して急化すれば時間差はあっても必ず治る病気です。 うつ病の患者数は年々増加傾向にあり、すでに100万人は超えているともいわれ誰もが気軽に精神科を受診できる環境も整ってきています。 現在は医師だけに頼らない診療体制を整えて、基本治療とじっくり患者さんの話を聞くことで社会復帰を並行しています。 治療においては一般的に抗うつ薬、精神安定剤、抗精神病薬といった種類の薬が使われます。最近では薬治療のほかに光グラフィーやECT治療やカウンセリング、マッサージなどの必要最小限の投薬などによってできる限り症状を改善するケースも見受けられます。

うつ病治療の広がりと可能性

うつ病治療におては、現在医師だけにとどまらず保健福祉士や臨床心理士など各分野のエキスパートが患者の抱えている悩みを見つけてサポートする体制も広がっています。 抗うつ薬の投与を優先して考えてきたうつ病治療ですが 今は大きく変わろうとしているのです。 薬が持つ作用や副作用についての正しい知識を選択できるようにする制度も大切です。人間は病名がわかれば安心するものです。 さらに近年では脳画像からうつ病かどうかを判断する検査装置の導入が進み、 その威力が発揮されています。 検査費用は一万円ほどで誰でも気軽に受けやすいこともあり予約が殺到しています。 これまで様々な薬を服用しても効果が上がらなかった患者さんが双極性障害だったこともわかり、処方を変えたら症状が改善したケースもあります。 うつ病治療の現場は今まさに急激に進化しています。新しい診断や治療薬についても日々研究が進んでおり薬だけという選択肢は見直されてきているのです。

心の病気と言われているうつ病

うつ病は精神障害をきたす病気とされています。近年になってから良く耳にする病気でもありますが、実は歴史は古く古来からうつ病はあるとされていました。当時は医学も発展していませんでしたが、現在ではうつ病に最適の治療法もあります。症状によって治療法は多少異なってきますが、基本的には医師の診断が必要になります。そして一般的な治療法として挙げられているのが抗うつ剤の投与です。 抗うつ剤を飲むことで精神面が安定するので起伏の激しさなどが改善されていきます。ただし、うつ病の治療に関しては短期では効果が得られません。薬の効果が現れるのも多少時間がかかりますから根気よく治療することがうつ病には大切になってくるのです。

適切な治療を行うことが鍵

うつ症状は病気ではなくても誰でもなる可能性があります。ほとんどの場合は一時的なものですからそこまで心配する必要はありません。危険なのはうつ状態が常に続くときです。うつ状態が続くと判断も鈍りますし、活力も失われてきて仕事にも身が入らなくなります。うつ病は重症化しますと死活問題にもなります。 サポートしてくれるひとが身近にいれば良いのですが、一人暮らしの方などサポートしてくれるような人がいない場合は国の制度に頼ってみてください。自立支援などの制度も近年では充実していますからうつ状態になったとしてもゆっくり自分のペースで治療を続けることが回復への第一歩になるでしょう。肩の力を抜いて気楽に考えることも時には必要です。

うつ病の治療は保険が効く

うつ病に掛かってしまった場合、病院の精神内科などで治療を受けることになります。うつ病は病気の一種であるため、保険治療が可能です。処方してもらう薬に関しても保険の対象となりますので、健康保険を持参して病院に行ってください。 精神的な病院はどうしても症状がはっきりと自覚できないため、病院に行くことを敬遠する傾向があります。またお金が掛かるというイメージを持っている人も多いです。うつ病の治療は早い段階から医者に相談して方がよいため、もし自分に少しでも疑いあるようであればすぐに病院に行ってください。 保険診療の対象であれば、一般的に自己負担は3割となりますので、費用の面でも安心です。病院でも説明をしてもらえますので、不明な点は確認してみましょう。